中小企業が進歩する情報提供サイト

「地域医療連携推進法人制度」推進策をめぐって


JPBM全国大会シンポジウムにて討論を交わす

去る7月18日に行われたJPBM全国統一研修会PartⅡシンポジウム(座長:松田紘一郎医業経営部会部会長)において、現在国会審議中の法案である「地域医療連携推進法人」制度について、密度の濃い討論が行われました。

その中で、参加法人が参入していくための動機付けとして、現時点でインセンティブ等は検討されているかといったシンポジストの高須和之弁護士からの質問に対し、厚生労働省医政局医療法人指導官の黒田泰弘氏は、所管外および現段階と断った上で、以下の趣旨をもって回答とされました。

  • 税制については、連携推進法人の立ち上げをにらんで、どういった形が望ましいかを含め検討している。
  • 診療報酬の点は、病床の機能分化・連携を図る上で、診療報酬の適切な対応という流れは、社会保障制度改革プログラム法の時からある。連携推進法人の評価が上がってくれば、状況次第で診療報酬もついてくるのかなと思う。
  • 地域医療介護総合確保基金についても、当該制度ができたあと、役立つものと一定の評価が得られば、都道府県の決定にはなるが支給の対象になるのではないかと思う。
  • 診療報酬、基金、税制の在り方は、我々としても後押しできるところは後押しし、更に評価された段階で検討される流れになると思う。

 

JPBM Daily News(2015.8.6号より)

 

JPBM Daily Newsとは

 JPBMデイリーニュースとは、(一社)日本中小企業経営支援専門家協会(略称:JPBM)が、会員専門家へ提供している情報サービスです。創刊24年5700号超の発行を重ね、「税務」「会計」「法務」「人事労務」「施策情報」等の多角的視点で中小企業経営に関わる最新情報がまとめられています。情報が溢れる現代において、専門家がより一歩踏み込んだ経営支援を行っていくための情報羅針盤として、会員専門家をバックアップしています。

  現在、JPBMデイリーニュースの活用方法の1つとして、会員事務所ホームページに、毎日、最新記事を掲載していく自動配信サービスを開始しています(※一部記事は会員限定)。下記に記載した会員事務所ホームページより、JPBMデイリーニュースをご確認頂けます。バナー、又はRSS方式で配信されていますので、クリックしてお読みください。また、JPBM会員は、地域を代表する会計事務所や経営支援を強みとした専門家が所属していますので、併せて会員が中小企業へ提供している独自性豊かな、実績・実行力のある専門家業務についてもご確認頂けますと幸いです。きっと貴社の悩みを解決し、着実な一手を打つための道が見えてくるはずです。

 

 JPBMデイリーニュース掲載ホームページ

小林・三浦会計事務所(東京都)

税理士法人SKJ 岸会計事務所(埼玉県)

小林ビジネスセンター(群馬県)

税理士法人小林会計事務所(神奈川県)

新潟中央会計税理士法人(新潟県)

イワサキ経営グループ(静岡県)

相続のミカタ(ミッドランド税理士法人運営・中部エリア)

税理士法人木村経営ブレーン(石川県)

 

※現在、多数の会員事務所が設置に向けて調整中です。適時、ご案内しますので、お近くのホームページをご覧ください。