中小企業が進歩する情報提供サイト

第3回中小企業M&A実務研修 企業価値評価の事例演習


去る2月9日、第3回「専門家による中小企業のM&Aの実務」が開催されました。今回のテーマは、「企業価値評価」。概要として(1)企業価値、事業価値、株主価値の概念を把握し、評価目的に応じた評価手法および価格決定のプロセスの理解(2)ネットアセット・アプローチ、インカム・アプローチ、マーケット・アプローチにおける代表的な算定方法の理解(3)演習形式による算定から総合評価までの流れの理解、が研修されました。特に、事例演習では非上場会社のケーススタディとして、フリーキャッシュフローの推計や資本コスト(割引率)の推計、DCF法による株主価値の計算、類似会社による評価計算、株価倍率、株式価値等の演算を行いました。ポイントは常に企業価値等の形成要因(・一般的要因・業界要因・企業要因・株主要因・目的要因)の分析に立ち返り常にそれらを勘案しつつ、最適な評価方法を検討することとなります。今後研修のスキルの標準化を進め、JPBMネットワークでのM&A実務を進めます。180209 3M&A研修