中小企業が進歩する情報提供サイト

6次産業化


連携して加速させる“農林漁業の6次産業化”

 日本の豊かで多種多様な自然から長年の知恵と経験と工夫をもとに生計を立てていく農林漁業は、6次産業化という大転換期の真っただ中にいます。地域の抱える喫緊の課題として、また、挑戦しがいのある魅力的な分野として、様々なプレーヤーが活動しています。

 JPBMには、「地域性や商品特性などにより、想定していた程の成果がスケール感ある形で出てきていない」「販路や収益源の多角化といった経営判断が求められる場面で自社のそばに立ったアドバイスを受けづらい」といった悩みの声が届いています。JPBMは、30年間培ってきた経営支援と士業連携のノウハウを用いて、プレーヤー同士の円滑な連携を実現し、専門家組織として6次産業化事業者を支える高レベルの実務を提供して参ります。

地域の専門家が、地域の6次産業化を支える

 JPBMには、地域に根ざした士業活動を長年にわたり行っている専門家が北海道から沖縄まで在籍しています。大都市から現地にコンサルタントを派遣するというケースもあるでしょうが、JPBMは日頃の経営支援が重要であり、それは地域の国家資格者が担うべきだと考えています。地域の農林漁業6次産業化を地域金融機関・地域支援機関・地域の専門家が支援するスキームが地場産業として活性化していく道だと考えています。

info_normal