中小企業が進歩する情報提供サイト

第3回民事信託検討会開催!多士業による事例検討進む


さる1月21日「第3回JPBM民事信託検討会」が会員および提携企業等22名の参加を得て開催されました。前回に引き続き、会員税理士より提示された事案を、個別案件として支援を進めながら、その進捗をケーススタディとして取り上げ全体検討を行いました。高齢の不動産オーナーが相続を踏まえて息子および孫に財産をどう移すか、以前より相続対策の一環で設立した不動産管理会社を信託スキームとしてどう設計するか、受託者を誰にするか、受益者を誰にするか、その際の課税関係をどう勘案するか等、細部に亘って活発な検討が加えられました。

160121 第3回民事信託検討会

また、会員司法書士より、現在進行中の相談案件の中から、信託活用の提案概要を提示いただき、全体検討を加えました。相続・事業承継対策の中で、息子たちへの自社株の移行が終わり、オーナー奥様と長女への賃貸マンションの移転に際して、信託手法を活用できないか、その対策案に関して意見を交換しました。(次回3月22日(火)開催)