中小企業が進歩する情報提供サイト

JPBM医業経営部 厚労省大臣官房企画官による診療報酬改定研修を開催


平成30年3月9日、JPBM医業経営部主催による「診療報酬改定の概要と中長期視点による実務対応」と題し研修を行いました。当日第1部は医業経営部部長の松田紘一郎公認会計士による診療報酬改定の地域医療への実務的な影響及び更なる連携ネットワークの重要さの研修、第2部では、厚生労働省大臣官房企画官(保険局医療課併任)古元重和氏を迎え、診療報酬改定の詳細な解説をいただきました。一般病棟入院基本料(7体1、10対1)の再編・統合に関する改定内容や在宅復帰率の見直し、外来医療の機能分化やかかりつけ医の機能評価、在宅医療や訪問看護の確保等、新しい地域医療のフレームを意識した理解しやすい内容となりまた。JPBM医業経営部では今後も地域医療の連携を支援する実務ノウハウの蓄積を進めます。180309医業研修風景1