中小企業が進歩する情報提供サイト

民事信託実務の集中講義、課題や諸問題を洗い出し


去る10月24日(水)15:30~17:00、中央大学駿河台記念館320号室において「信託だから解決できる事業承継相続事例」をテーマに石井満司法書士による研修が行われました。成年後見制度や民事信託に豊富な事例対応を持つ石井氏から、民事信託の可能性と現状の課題・諸問題を指定。ポイントは金融機関の理解(信託口口座の開設、融資が受けられる、既存担保権者による信託への同意等)および債務控除の是非が強調されました。また、事業承継フェーズでの信託活用の可能性を想定スキームにて提案、今後の実務の課題として提示されました。今後引き続きJPBM民事信託検討会にて、安心して活用できる不動産オーナーの自己信託および自社株による信託活用等検討します。181024信託石井司法書士