中小企業が進歩する情報提供サイト

リスクマネジメント


保険の最適化がリスクマネジメントの重要課題!リスクの俯瞰と評価が最適な保険選択の近道!

中小企業にとって経営リスクをどう取るかは極めて重要な課題です。リスクは広範に亘った概念として、あらゆる経営テーマについて回ります。

その中で財産リスクや費用・利益リスク、人材リスク、損害賠償リスク、社用車リスク等、一方的に負のリスクとして捉えられるものは、実務上保険でカバーされます。

ただ、目的発生順に加入しているのが現状で、気がついたら現在の加入状況も加入商品の適正さもわからなくなっている中小企業がほとんどではないでしょうか。

営業や商品・サービスの棚卸を定期的に行うように、リスクの棚卸も重要な業務と捉えるべきでしょう。

年1回、会社経営の負のリスク全体を確認し、併せてリスク評価(性質やリスク量)を行う。そのような全体の俯瞰作業を行って初めて適正な保険のチェック(どういう性質か、無駄はないか、使われ方は適正か)が可能となります。

リスクは日々変化し、常に見直しが必要です。株式会社JPBM第二事業部のリスクマネジメント事業では、「保険仕分けサービス」として以上の項目をパッケージ化して、中小企業にご提供しております。

決算等を契機に是非、リスクの見直しに取り組んではいかがでしょうか。

info_normal